唯一無二の個性派俳優、浅野忠信さんの男の色気を堪能できる画像37枚

俳優
俳優でありながらミュージシャンとしえも活躍する浅野忠信さん。
若い頃はカルトスター的な人気を博し、沢山の日本映画に出演してはその類稀な個性で画面をより魅力的なものにしてしまう。
女子は勿論、男性からも絶大な人気があり、ファッションリーダーとしても注目され続けていました。
最近ではぐっと落ち着きましたが、中年のフェロモンは衰え知らずでなんとも言えない魅力を放ち続ける方でございます。

浅野忠信画像001

浅野忠信画像

浅野忠信画像002

浅野忠信画像

浅野忠信画像003

浅野忠信画像

浅野忠信画像004

浅野忠信画像

浅野忠信画像005

浅野忠信画像

浅野忠信画像006

浅野忠信画像

浅野忠信画像007

浅野忠信画像

浅野忠信画像008

浅野忠信画像

浅野忠信画像009

浅野忠信画像

浅野忠信画像010

浅野忠信画像

浅野忠信画像011

浅野忠信画像

浅野忠信画像012

浅野忠信画像

浅野忠信画像013

浅野忠信画像

浅野忠信画像014

浅野忠信画像

浅野忠信画像015

浅野忠信画像

浅野忠信画像016

浅野忠信画像

浅野忠信画像017

浅野忠信画像

浅野忠信画像018

浅野忠信画像

浅野忠信画像019

浅野忠信画像

浅野忠信画像020

浅野忠信画像

浅野忠信画像021

浅野忠信画像

浅野忠信画像022

浅野忠信画像

浅野忠信画像023

浅野忠信画像

浅野忠信画像024

浅野忠信画像

浅野忠信画像025

浅野忠信画像

浅野忠信画像026

浅野忠信画像

浅野忠信画像027

浅野忠信画像

浅野忠信画像028

浅野忠信画像

浅野忠信画像029

浅野忠信画像

浅野忠信画像030

浅野忠信画像

浅野忠信画像031

浅野忠信画像

浅野忠信画像032

浅野忠信画像

浅野忠信画像033

浅野忠信画像

浅野忠信画像034

浅野忠信画像

浅野忠信画像035

浅野忠信画像

浅野忠信画像036

浅野忠信画像

浅野忠信画像037

浅野忠信画像

浅野忠信データ

芸能活動

1988年(昭和63年)、父親からテレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)のオーディションを勧められて受けたところ、合格し、タレントおよび俳優としてデビューした。当初はテレビにも出演していたが、撮って放映してを繰り返すテレビの機械的なサイクルが肌に合わず、バンド活動のほうに傾倒しはじめていたのもあって、父親やマネージャーと喧嘩になることも多かった。18歳になり、父親に俳優を辞めることを宣言してしまうが、祖母から諫められ、再びバンド活動と両立して俳優業も続けていくことを決意したという。
1990年(平成2年)、『バタアシ金魚』で脇役として映画デビューを果たす。大人同士が徹夜や喧嘩を繰り返しながら目標に向かって一生懸命取り組む映画製作のスタイルが信用できることに思えたと言う。以降、「映画でだけなら仕事をしてもいい」と考えるようになった浅野は、岩井俊二・是枝裕和・青山真治など新鋭の映画監督の作品に出演し、知名度を高めてゆく。
1996年(平成8年)、『Helpless』で映画初主演を果たす。
活動の場は国内にとどまらず、ウォン・カーウァイ監督『wkw/tk/1996@/7’55”hk.net(英語版)』(1996年)、クリストファー・ドイル監督『孔雀』(1999年)などでも主演を務め、国際的にも注目を高めていった。1997年(平成9年)には、日本アカデミー賞話題賞、および、ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞している。
2000年(平成12年)、『御法度』と『五条霊戦記』で報知映画賞助演男優賞を受賞。 『御法度』では、松田龍平と意気投合し、以来15年間の交遊をもっている。
2001年(平成13年)、『地雷を踏んだらサヨウナラ』で毎日映画コンクール男優主演賞受賞。浅野の誕生日は偶然にも役を演じた一ノ瀬泰造の行方不明が報道された日でもある(実際に一之瀬が亡くなったのはこの日より前)。
2003年(平成15年)、タイ・日本その他の合作映画『地球で最後のふたり』(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)でヴェネツィア国際映画祭コントロコレンテ部門主演男優賞を受賞。
2004年(平成16年)、初監督作品『トーリ』を製作。ドキュメンタリーやアニメーションが織り込まれた5話のオムニバス作品。高校生の頃に観たボブ・マーリーのドキュメンタリー映画『Time Will Tell』で、マーリーの葬儀のときに鳥が飛んでいくシーンから受けた影響が製作の元になっているという。昭和のいる・こいるや、無名の頃の菊地凛子(当時は菊池百合子)、首藤康之などが出演し、首藤は本作品で初めて自身で振り付けしたバレエを披露した。また、兄のKUJUNも音楽の担当として参加。3月にDVDで発表し、5月に渋谷シネ・ラセット(2008年1月閉館)で公開された。
2005年(平成17年)、『誰がために』と『乱歩地獄』で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。
2007年(平成19年)、ロシアのセルゲイ・ボドロフ監督作品『モンゴル』で、チンギス・ハーン役で主演した。ボドロフは浅野に「内面から発する光のようなもの」を感じ、「この役を演じられるのは浅野しかいない」と抜擢。浅野はCDをひたすら聴いてモンゴル語を憶え、尻の皮がむけるほど乗馬を猛練習して撮影に臨んだ。
2008年(平成20年)2月、『モンゴル』が第80回アカデミー賞外国語作品部門にノミネートされ、浅野は妻のCHARAを伴ってロサンゼルスで記者会見を行った。このとき浅野は、「撮影で留守にしている間にCHARAが家庭内のことを忙しい中やってくれていてありがたい」と感謝を述べた。また、食事の際に歌を歌う文化のため、アカペラで『THE BLUE HEARTS』などの曲を歌ったことなど、モンゴルでの撮影中の裏話がCHARAとの会話の中で明かされた。
2009年(平成21年)、『ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?』ほかで日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞を受賞。
俳優業のほかに、「ASANO TADANOBU」名義や、「Bunodata」名義、 「PEACE PILL」、「SAFARI」(1999年結成)などでボーカルやギターとして音楽活動も行っている。「SAFARI」ではフジロックフェスティバルに何度か出演している。
2011年(平成23年)、映画『マイティー・ソー』で、初のハリウッド映画に出演。新境地を開く。
2012年(平成24年)、ハリウッド映画2作目となる『バトルシップ』に出演。
2014年、主演映画『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞、第57回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞した。
2015年、主演作『岸辺の旅』が第68回カンヌ国際映画祭・「ある視点」部門に出品され、黒沢清が監督賞を受賞。アメリカ合衆国サンフランシスコで開催されたJ-POP SUMMIT関連映画祭、サンフランシスコ日本映画際にて、第一回目名誉賞に輝いた。
2016年、主演作『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭・「ある視点」部門に出品され、作品が審査員賞を受賞。2年連続で主演作が同部門で受賞となった。

日本映画

1990年代

バタアシ金魚(1990年) – ウシ 役
パンツの穴 キラキラ星みつけた!(1991年) – 倉本恒夫 役
あいつ(1991年) – 岩田貞人 役
青春デンデケデケデケ(1992年) – 白井清一 役
眠らない街~新宿鮫~(1993年) – 砂上幸一 役
FRIED DRAGON FISH(1993年) – ナツロウ 役 :1996年に映画上映となった。
119(1994年) – 松本聡 役
四姉妹物語(1995年) – 樋口彰 役
幻の光(1995年) – 郁夫 役
PiCNiC(1996年) – 主演・ツムジ 役
Helpless(1996年) – 主演・白石健次 役
スワロウテイル(1996年) – ノンクレジットのカメオ出演
Focus(1996年) – 金村 役
ACRI(1996年) – 海原密 役
ユメノ銀河(1997年) – 新高竜夫 役
東京日和(1997年) – 若い男 役
ラブ&ポップ(1998年) – キャプテンXXの男 役
ねじ式(1998年) – ツベ 役
落下する夕方(1998年) – ほか弁屋の客 役
鮫肌男と桃尻女(1999年) – 主演・鮫肌黒男 役
双生児 -GEMINI-(1999年) – 復讐の若者 役
白痴(1999年) – 主演・伊沢 役
地雷を踏んだらサヨウナラ(1999年) – 主演・一ノ瀬泰造 役
御法度(1999年) – 田代彪蔵 役

2000年代

五条霊戦記 GOJOE(2000年) – 遮那王 役
PARTY7(2000年) – オキタソウジ 役
ELECTRIC DRAGON 80000V(2001年) – 竜眼寺盛尊 役
DISTANCE(2001年) – 坂田 役
風花(2001年) – 澤城廉司 役
殺し屋1(2001年) – 垣原 役
水の女(2002年) – 宮澤優作 役
DEAD END RUN(英語版) 第3話「FLY」(2003年) – 逃げる男 役 オムニバス作品。
アイデン&ティティ(2003年) – カメオ出演
座頭市(2003年) – 服部源之助 役
アカルイミライ(2003年) – 有田守 役
わたしのグランパ(2003年) – 中藤慎一 役
トーリ(2004年) 初監督作品。オムニバス作品。
SURVIVE STYLE5+(2004年) – 石垣昌宏 役
ヴィタール(2004年) – 高木博史 役
珈琲時光(2004年) – 竹内肇 役 侯孝賢
父と暮せば(2004年) – 木下 役
茶の味(2004年) – 春野アヤノ 役
埋もれ木(2005年) – 三ちゃん 役
乱歩地獄(2005年) オムニバス作品。
誰がために(2005年) – 民郎 役
東京ゾンビ(2005年) – フジオ 役
エリ・エリ・レマ・サバクタニ(2006年) – ミズイ 役
花よりもなほ(2006年) – 金沢十兵衛 役
ナイスの森~The First Contact~(2006年) – 田中マサル 役 オムニバス作品。
サッド ヴァケイション(2007年) – 白石健次 役
R246 STORY 224466(2008年) – 246 役 監督と主演。オムニバス作品。
母べえ(2008年) – 山崎徹 役
夢のまにまに(2008年) – 闇屋 役
鈍獣(2009年) – 凸川(凸やん) 役
eatrip(2009年) – インタビュー出演
劒岳 点の記(2009年) – 柴崎芳太郎 役
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~(2009年) – 大谷 役
SOUL RED 松田優作(2009年) – インタビュー出演
スノープリンス 禁じられた恋のメロディ(2009年) – 萩尾 役

2010年代

乱暴と待機(2010年) – 山根英則 役
REDLINE(2010年) – フリスビー 役 声優。
酔いがさめたら、うちに帰ろう。(2010年) – 塚原安行 役
これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫(2011年) – 主演・赤塚不二夫(役)、バカボンのパパ・イヤミ・ニャロメ など(声) 役
ステキな金縛り(2011年) – 木戸健一 役
月光ノ仮面(2011年) – 岡本太郎 役
あなたへ(2012年) – 警官 役
終の信託(2012年) – 高井則之 役
黄金を抱いて翔べ(2012年) – 北川浩二 役
清須会議(2013年) – 前田利家 役
魔女の宅急便(2014年) – イシ先生 役
私の男(2014年) – 主演・腐野淳悟 役
ルパン三世(2014年) – 銭形警部 役
寄生獣・寄生獣 完結編(2014年・2015年、東宝) – 後藤 役
岸辺の旅(2015年10月1日) – 主演・優介 役
グラスホッパー(2015年11月7日) – 鯨 役
母と暮せば(2015年12月12日)-黒田 役
淵に立つ(2016年10月8日、エレファントハウス) – 主演・八坂草太郎 役
新宿スワンII(2017年1月21日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) – 滝正樹 役
幼な子われらに生まれ(2017年公開予定) – 主演・田中信 役

日本以外の映画

複数国の合作映画を含む。
孔雀 Away With Words(1999年) – 主演・アサノ 役
地球で最後のふたり Last Life in the Universe(2003年) – 主演・ケンジ 役
wkw/tk/1996@/7’55”hk.net(英語版) wkw/tk/1996@7’55″hk.net – 男 役 短編映画。
インビジブル・ウェーブ(英語版) タイ語: คำพิพากษาของมหาสมุทร (2007年) – キョウジ 役
モンゴル Монгол(2007年) – 主演・テムジン(のちのチンギス・ハーン) 役
マイティ・ソー Thor (2011年) – ホーガン 役 ハリウッドデビュー作。日本語吹き替えも担当。
バトルシップ Battleship (2012年) – ユウジ・ナガタ 役
47RONIN 47 Ronin (2013年) – 吉良 役
マイティ・ソー/ダーク・ワールド Thor: The Dark World (2013年) – ホーガン 役
The Wasted Times 中国語: 罗曼蒂克消亡史 (2016年) – 主演・渡部 役
沈黙 -サイレンス- Silence (2016年) -通詞 役

テレビドラマ

3年B組金八先生 第3シリーズ(1988年10月10日 – 1988年12月26日、TBS)東正広 役
La cuisine『FRIED DRAGON FISH』(1993年、フジテレビ)ナツロウ 役
チャンス!(1993年、フジテレビ)第5話
春の一族(1993年、NHK総合テレビ)生方智樹 役
月曜ドラマスペシャル「バスガイド愛子 これが最後の恋」(1993年、TBS) – 徳丸勇作 役
「みちのくの恋」(1994年)
まばたきの海に 美少女葵・心の旅(1994年、NHK総合テレビ)
麻酔(1994年、読売テレビ) – 福士達彦 役
火曜サスペンス劇場『1995年殺人捜査 札つきのワルが殺された』(1995年7月4日、日本テレビ) – 新宿のスナック店長・原田継男役
私の叔父さん(1995年10月6日、フジテレビ)
ウルトラマンティガ 第40話(1996年、毎日放送) – 茶髪の青年 役
命捧げ候 ~夢追い坂の決闘~ (1996年、NHK総合テレビ) – 源太 役
恋、した。/ハイ・スピード3~恋のストローハット(1997年、テレビ東京)
タイフーン・シェルター(1997年、フジテレビ)ホンコン 役 – 撮影監督はクリストファー・ドイル
翔ぶ男(1998年、NHK総合テレビ)
私立探偵 濱マイク 第10話(2002年、読売テレビ)
ステキな隠し撮り~完全無欠のコンシェルジュ~(2011年、フジテレビ) – 芸術家 役
世にも奇妙な物語 2011年 秋の特別編「耳かき」(2011年、フジテレビ) – 主演・トレンチコートの男 役
ロング・グッドバイ(2014年、NHK総合テレビ) – 主演・増沢磐二 役
A LIFE~愛しき人~(2017年1月 – 、TBS) – 壇上壮大 役

出典:wikipedia

コメント